MENU

医師の視触診だけでは死亡率の低下に寄与しないため、マンモグラフィーが原則に

乳がん検診を受ける最も一般的な方法は、お住いの自治体(市区町村)が実施している、あるいは職場の健康診断にオプションとして組み込まれている検査を受診することです。これらの集団検診は年齢や受信時期が限定されますが、北斗晶さんの乳がん発症のニュースなどをご覧になって、「私も不安になってきたのでマンモグラフィー検査を受けてみたい」と思った方などは、個人的に乳腺外科を標榜する医療機関へ行って検診を受けることもできます。

30歳を過ぎた女性の受診が大切

30歳代でも乳がん患者が増えていることから、30歳を過ぎたら乳がん検診を受けるのが理想なのですが、自治体が実施する乳がん検診は、40歳以上を対象としていることが少なくありません。そしてお仕事をされている方は、仕事の関係上どうしても検査の日程が合わなかったり、抽選で受けられないという人もでてきます。また職場の健診も一部の大企業を除いてはマンモフラフィーが含まれていないことが多いため、このような場合は個人検診を受けるとよいでしょう。

乳がん検診は、医師が乳房の状態を観察、触って「しこり」などがないかを調べる「視触診」と、乳房専用のエックス線装置で異常を早期に発見する「マンモグラフィー」を行います。以前は視触診だけが行われていましたが、受診者本人が自覚できない"しこり"を医師が見つけるのは簡単ではないこと、また触診で医師が発見するしこりの大きさは平均で2cm程度ですが、この大きさだと既にがんが進行していることが多く、受診者も異変に気付いているケースが多いこと、さらに視触診で「異常なし」と診断されると、乳がんの心配はないと自己判断してしまうなどの問題がありました。

このような問題があるため、視触診の単独実施では乳がんにの死亡率の低下に繋がらないという専門家の意見をうけて、厚生労働省はマンモグラフィーによる乳がん検診を原則としました。マンモグラフィーは触ってもわからない微細なしこり、石灰化(乳腺組織におけるカルシウムの沈着)など超早期のがんを発見することができます。

しかし、マンモグラフィーや乳腺エコーなどの画像診断で異常を発見するためには、検査機器の性能はもちろん、読影する医師や検査技師の技術が大きく問われます。残念ながら自治体や職場の乳がん検診では、検査を実施している医療機関に乳腺の専門医がいないことも少なくなくありません。検診を受ける際は、医療機関がマンモグラフィ検診精度管理中央委員会から認定を受けているか、乳腺専門医が在籍しているかを確認しておきましょう。

画像診断の優れた点は、早期の乳がんを発見できることにくわえ、過去の画像と比較することで乳腺組織のわずかな変化も見つけることができることです。そのためには検診施設を頻繁に変えることなく、毎回同じ施設で受けることが大切です。